アッセンブルボーグデザイナーブログ。いい歳こいて自分の欲しい物を作りたい一心で日々闘う男どもの日記や制作秘話やおもちゃの何か救い難い病気の話など。
スラッシャーが出来るまで01
2008年05月21日(水) 22:20



ラフ載っけたついでに、何となくどんな形でフィギュアが出来上がってゆくかを追ってみる事にしましょう。

まずは試行錯誤の末、こんなふーに机上の空論の出来上がりです。
神宮司さんがデザイン画に色と影を入れ始めたことから、それまでの線画オンリーからカラーで仕上げるケースが多くなってきました。

この絵では黒子的な意味で素体に色が入ってないんですが、塗ってない場合は塗ってない場合で白色のボディにも見えてしまいまして、後に彩色サンプルを組んでみると若干違和感を感じるという変なことに。
その後は想定される素体色を入れるようになりました。第一印象って存外怖いですね。

(内藤)



 | HOME | 

toytribeとその仲間たち




Powered by DTIブログ
Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET