アッセンブルボーグデザイナーブログ。いい歳こいて自分の欲しい物を作りたい一心で日々闘う男どもの日記や制作秘話やおもちゃの何か救い難い病気の話など。
物量VSルール
2008年11月14日(金) 03:42
いやはや。

箕輪さんやっぱスゲエな…。



大量にパーツを使用した作例というのは、メーカーと一部の武士(と書いてモノノフと読む)にしか出来ないロマンですよねー。



僕なんかはここまで選択肢があると、逆に途方に暮れると思います。つうか、暮れます。暮れてます。

実はバレルズ一個!!余剰パーツを出さない!!なんていう縛りで遊ぶ方が格段に遊びやすい。



ムゲンバインなんかも買ってきたら必ず1個につき1回「ムゲンロイドが乗ってる感じのビークル」を作る縛りで遊んでいました。

レゴも実はクリエイターシリーズの小さなパックでその醍醐味は十分堪能出来ます。



実は縛りがある所に面白さが隠れています。



なので皆さん安心して(笑)。

数揃えないと遊べないというのは、多分思い込みですぜ。



そんな思い込みより人間の想像力の方が必ず勝ちます。





(内藤)


 | HOME | 

toytribeとその仲間たち




Powered by DTIブログ
Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET